地球にやさしいリサイクルトナー

リサイクルは環境に配慮した大事な行為として認知されていますね。例えば、ペットボトルのリサイクル率は啓もう活動の効果によって、既に90%近くに達しています。事務所で使っている複合機やコピー機などに使われているトナーもリサイクル出来るとしたらこれは素晴らしいことではありませんか。リサイクルトナーはそういう発想から生まれた製品です。通常、トナーというのはボトルと一体となって販売されています。ペットボトルと同じですね。印刷においては、中身のトナーを消費するのですが、外側のボトル・ケース部分はそれほど消耗はしません。しかし、メーカーでは、使用済みのトナーカートリッジを回収すると、バラバラに分解した上で、原料として再生工程に載せてしまいます。まだ使えるのに、もったいないですね。

メーカーが回収したトナーカートリッジを解体する理由

メーカーは、少しでも不具合のある製品を出すわけにはいきません。ですから、回収したトナーカートリッジがまだ使えるとしても、中古であることに変わりはありませんから、解体してしまうのです。確かに、トナーカートリッジも使用環境によっては傷んでいる場合もあるでしょう。しかし、元々が丈夫に作られているので、ボトルとしては実際はまだまだ使える場合がほとんどなのです。その点に着目したのが、リサイクルトナー業者です。彼らは使用済みのトナーを回収して、きれいに洗浄、手入れをし、中にトナーを再充填して販売しているのです。解体してしまえばただのゴミですが、どこも悪くないものも沢山あるのです。せっかく使える部品を最大限活用しようとするリサイクルトナーは、エコロジカルな商品だといえるでしょう。

リサイクルトナーの耐久性は十分

リサイクルトナーは、このようにボトル部分を再利用しているだけで、消耗品である中身のトナーは新品です。リサイクルトナーのボトル部分の耐久性に関しては、一般的には、概ね3回ほどの再生には耐えられると言われています。リサイクルトナー業者は、顧客と長い付き合いをしようと考える場合がほとんどですので、品質には特に敏感です。リサイクルトナーへの理解は広がってきているとはいえ、その品質にユーザーは厳しく、いいかげんな業者はすぐに淘汰されてしまいます。機械のメーカーは純正のカートリッジを使わないと保証しないという事を言いますので、リサイクルトナー業者の中には、万一の場合のアフターフォローに力を入れているところも多く、メンテナンス要員が駆けつけてくれる場合もありますので、ご心配な方はアフターサービスについて確認しておくとよいでしょう。