リサイクルトナーのメリットをご紹介

リサイクルトナーは近年多くの企業が注目している印刷コスト削減のための手段として知られるようになってきています。印刷用のOA機器のモデルによってもそのコストには大きな違いがりますが、条件の整ったケースであれば純正品に対して8割引きでトナーを購入することが出来るケースもあります。そのためランニングコストの低減のための手段としては非常に魅力のあるものとなりました。しかしながらリサイクルトナーというものに対して十分な知識がない人にとっては怖いものであるという性質もあり、最初の一歩に躊躇するケースも少なくありません。この様な場合についてはリサイクルトナーの運用について様々なケースを想定し、リサイクルトナーの持つメリットについて様々な側面から検討してみることが推奨されます。

リサイクルトナーはとにかく安いのが魅力

リサイクルトナーの魅力は何といってもコストの低さです。モデルによって差があるとは言っても純正品との違いははっきりと分かるほどの差となるのが一般的です。印刷量の多い場合にはその恩恵を非常にわかりやすく感じることが出来ます。その一方で心配になるのが印刷機器の故障のリスクである場合があります。この様な問題に当たった時は、実際に故障したケースを想定してシミュレーションしてみることをお勧めします。現在のメーカーのビジネスモデルではプリンター本体を安い金額で販売して消耗品で稼ぐケースが増えています。そのため、故障の際の修理コストではなく、買い替えコストを計算してメリットが出るかを判断するのも一つの方法となります。モノクロレーザープリンターなどの場合には買い替えの方が修理よりも安く済むケースは非常に多いのです。

故障時の心配がいらない場合に活用しましょう

リサイクルトナーを導入しようとする場合、担当責任者の心配は故障時の対応になります。実際メーカーサポートによる修理サービスは純正品を使用していることを前提に設計されており、リサイクルトナーを使用することによって保守契約が無効になる場合もあるのが事実です。この様な問題が心配で導入に踏み切れないケースもあるでしょう。しかしながら最近ではリサイクルトナーの業者の中にもリサイクルトナーが故障の原因になった場合には費用を補償するというケースも増えてきていますので、その様なサポートのある業者を活用するのも一つの方法です。また修理するよりも買い替えを行った方が安くなるケースも少なくありませんので、導入した場合の運用についてしっかりと検討してみることが判断の支えになる場合もあります。